思いやりと生きる力

わたしを ぎゅっとして わたしを 見つめて わたしを 聞いて わたしを 呼んで

〔 愛されて育った子は賢くて強い! 〕

 私たちの情報誌「遊育12号」の中で 、汐見稔幸東京大学名誉教授は平成の保育を語りました。

 平成の30年間はウェルフェア(welfare= 福祉)からウェルビーイング(well being= 身体的・精神的・社会的に良好な状態=幸せな人生)への転換の時代であった と言っています 。


 子育て支援児童福祉法に位置づけられるといった動き(平成17年施行)はそれまで特殊な人を対象にしていた福祉の範囲が広がり、すべての人が対象となりうる社会に変わってきたということです。
 汐見先生は続けて1990年代の子育て状況をふり返って、横浜市にあった日立家庭教育所で行ったアンケート調査「3歳児子育て研究」の事例を上げてお話していました 。


「子どもを叩くときにはどこを叩きますか」

 

という設問に、叩いているという人は8割超に上ったというのです。親の感想には、なぜ子どもを叩いてはいけないのか、叩かないで子どもをしつける方法はあるのですか 」と書かれていたそうです。
 1970年~1980年代に厚生労働省から公表された「育児不安や育児のイライラ感」が80%となった結果は、私は大家族が家庭教育力を失った時代から
「育児崩壊」へと歩み始めた結果だったと思っています。


 このころ、学級崩壊(小1プロブレムなど )が問題化し、ひきこもり (今の時代の80:50 70:40問題) が増えました。


 自殺者が3万人を超え(1998年~2011年)、国は1995年から本格的に子育て支援に力を入れ始めました。

 汐見先生は続けます。

 否応なく少子高齢化が進む中で、我々がどういう社会をつくろうと考えるのか、
自分の住んでいる地域を住みやすい町にするにはどうしたらよいか、
ということを地域で住んでいる人みんなで考えるしかありません、というのです。
 

 私たち(社福)童心会はアフリカの諺

「子ども一人育てるには、一つの村が必要だ!」

を知る以前から

保育所から始める地域コミュニティ創り」

運動に取り組んできました。


法人だより7月号にも書いたのですが、次のような要旨です。

保育所から始める村づくり 〕


今   ここは 町の小さなコミュニティ
    うるおいのある ところで 心とこころが ふれあうところ
そして 共にくらす仲間たちが 助け育ちあう ところ
だから ここは 私たちの家 ここに くらす 仲間たちは
    私たちの家族のひとり


 新しい脳神経科学のエビデンスに裏付けさせれた科学的知見は、脳が実際にどのような発達をするのかが機能的MRI( fMRI )で明らかになっています。


 こうした重要な情報を活用しながら在家庭の乳幼児,学齢前の子どもたちの
健全な発達を促す人間教育に取り組まなければなりません。
 乳幼児の社会的、感情的発達ならびに知的発達についての研究結果は、「自分自身が安全であることを理解し、周囲から愛されて守られていると感じることが必要であり、
他の人とつながっていると感じる必要があるのです。最初の人間関係が愛情深いものであれば、関係を広げて学校での学びと社会生活力が高くなる。」と実証してくれているのです。


 即ち子どもを取りまく親や先生、養育者や地域の育ての親たちが、子ども達に安全を感じさせ、愛情とやさしさと気遣いを持って人間を創ることなのだそうです。


要するに簡単に言わせてもらえば


・愛された育ちは子どもの権利であり
・だきしめ言葉は親や養育者の義務である


ということなのです。

 愛されてだきしめられて 育った子どもは 前頭葉を刺激して認知能力が高くなるのだそうです。


 そうして(社福)童心会の保育方針(1on 1)と心に残る生活体験学習は次のようになりました。


保育方針(1on 1)


わたしをぎゅっとして  わたしを 聞いて
わたしを見つめて    わたしを 呼んで


心に残る生活体験学習


1)笑った数一番  

2)だっこされた数一番 

3)やさしくされた数一番 

4)あそんだ数 一番

5)でかけた数 一番

6)チャレンジした数 一番

 

だから


愛されて育った子は
賢くて強い!


(社福)童心会で育った子は
やさしくて賢くて強い!

 

 

      令和元年   8月 吉日
      社会福祉法人 童心会
      理事長    中山 勲

”保育所から始める村づくり”

私は、6月の「理事長一口メッセージ」を次のように書いて各園に送らせて頂きました。


   人とひととの ぬくもりで
子どもが育つ 親が育つ 地域が育つ街
     (社福)童心会


折しも6月は、各園共に「父親保育参加、パパの保育体験」の月間でした。
毎年のことですがとてもたくさんの”イクメン”たちが協力をしてくれました。


朝会の時には「この人は誰ちゃんのパパかな?」と問いかけると、全員が分かって答えていました。
その時のパパの不思議そうな顔をしているのが笑えた、とある園長は言っていました。

f:id:doushinkai:20190702095300p:plain

このお話を聞いて、私はお猿さんたちの仲間遊び「毛づくろいするお友だち」が150匹もいるというお話を思い出しました。

しかし、今私たちが一緒に暮らしている周囲の人たちの中で、150人も知人
がいる、という人の話はあまり聞いたことがありません。
しかし、(社福)童心会の子どもたちは驚いたことに150人以上の人たちの名前を知っているのです。
毎日の保育園生活の中で一緒に暮らしているたくさんのお友だちの名前、
そして先生たちの名前、そしてまた毎日毎日送迎をしてくださっているお友だちのパパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんの名前も覚えているからです。
子どもたち一人ひとりの毎日の生活や「ふれあい春夏秋冬まつり、運動会やX’mas生活発表会」などのさまざまな行事を通して子ども達の脳の中に記憶されていたのです。

f:id:doushinkai:20190702095953p:plain

知らず知らずのうちに生みの親・育ての親・養育者(地域親)との関わりから
脳の神経細胞ニューロン)がつながりあって神経回路となりシナプスがつながりあって脳の回路がさらに新たに繋がって記憶されるのだそうです。
シナプスは生後すぐから急に増え始め、3~4才ころまでにピークになります。


(社福)童心会の「五感を刺激する0歳からの人間教育」は2000年頃から
このような意味があると脳神経科学からのエビデンス(科学的根拠)が実証してくれているのです。
脳の発達場所は月齢によって違いますが、少なくとも0~3、4歳まではすべての分野を鍛えるために、刺激を与えることが必要なのです、と言われています。


昔から言われているアフリカの諺の中に、

「子どもを一人育てるためには一つの村が必要だ!」

と言う言葉があります。


この言葉の意味は、子どもは一つの家庭の中で育てられるものではなくて
地域、社会の価値観の中で

「仲間と共に生きるを学び、人間(ヒト)としてどう生きるか」

を学び続けていく存在だからなのでしょう。
だから”私たちの目ざす新しい道しるべはひとつ”です。


1 on 1
(一人ひとりと)


一人ひとりと  向かい合って
一人ひとりと  分かりあって
一人ひとりと  寄りそいあって
 教えあって  育ち育てあうこと
   自分の  ために
   ひとの  ために
 支えあって  助けあって生きる
     を訓とする。


私はこのような”こころざし”を持つ者同志が、育ち育てあう村づくりをいつも夢に描いてきました。
次の世代に生きるものたちに”利他の心(他人の幸福を願うこと)”を育み、慈尊(弥勒菩薩)の訓に順ずる
穏やかな人柄(心が落ち着いて 安らかなさま)
を身につけたヒトに育ってくれることを祈りつつ次の言葉を皆さまに贈ります。


保育所から始める村づくり〕


今   ここは 町の小さなコミュニティ
    うるおいのある ところで
    心とこころが  ふれあうところ
また  心の昂ぶりが  育まれるところ
そして 共にくらす仲間たちが
    助け育ちあう ところ
だから ここは 私たちの家
    ここに くらす 仲間たちは
    私たちの  家族のひとり

        以上

令和元年7月 吉日

社会福祉法人 童心会

理事長 中山勲

 

(社福)童心会”ふれあい春祭りの訓(おしえ)”

今年の(社福)童心会恒例の”ふれあい春まつり”は5月18日(土)
柏しんとみ保育園牛久みらい保育園の二つの園で最後の春まつりが行われました。


毎日の生活の中で行われている特色ある保育活動をパワーポイントなどで紹介し、
改めて私たちが目指している「人間教育」
を理解していただく機会になったことを心から喜んでいます。


理事長の私も柏しんとみ保育園はビデオレターで
牛久みらい保育園では直接ご挨拶する時間とハイタッチもさせて頂きました。
そして保護者の皆様と私たち保育者仲間、そして子どもたちがいつも大切にしている訓(おしえ)”人間としての生きる心得”をご唱和させて頂きました。

  1. 笑顔   朝からとびっきりの笑顔の贈り物
  2. 挨拶   いつも相手の心に伝わるご挨拶
  3. 思いやり ヒトの苦しみや悲しみによりそう心
  4. 感謝   いつでもどこでもありがとうの心を忘れない

そして最近の子育て相談のひとつの事例などもお話しました。
あるママのご相談でしたが、パパと子育て観の違いが大きくて悩んでいる、ということでした。
私は五木寛之さんの人生百年時代を生きるヒント「旅立つあなたへ」というご本の中の
”はじめに”に書いてあった言葉を思い出しました。
そこには次のように書いてありました。

 

「人生百年時代」と言われて、戸惑いを感じない人がいるだろうか。
これまでの文化、すなわち文学、美術、思想、演劇その他の知的財産はすべて
「人生五十年」を基準に作られたものである。
私たちはこれから地図のない旅、羅針盤のない航海に向けて出発しなければならないのだ。


子育ても同じです。私たちは育児不安や産後うつ、貧困や離婚、虐待やDV、発達障害などの多様な家族形態が変化する中で、ダイバーシティ(価値観の多様性)などが生まれました。


家庭人として持つべき価値観や、社会人として身につけるべき公共的なマナーや生き方が大きく変わってしまったことも原因なのでしょう。
私たちが家庭教育や社会教育の「しきたり」として、受け伝えてゆくことを怠ってしまった結果が、”ひきこもり、不登校”などの社会問題となって表れてきたのも事実なのです。

「40歳から64歳の中高年のひきこもりが全国で61万人いる」という衝撃的な推計
内閣府が公表したのは3月末でした。
だから悲しい現実なのですが、子育ての正解も見失ない、家訓としての教えも無くしてしまったのです。

f:id:doushinkai:20190605092603p:plain


このような時代の中にあって私たち(社福)童心会は各園一つひとつが村となってより良い善良な村人を育てるために生みの親、育ての親、保育者仲間たちが、子どもたちの素敵な養育者になるため「人間としての生きる基盤」を考えてみました。

愛された育ち(子どもの権利)
だきしめ言葉(養育者の義務)

私たちは長い間の人間教育の経験と実績から、愛された子どもたちは強く生きる力を持ち、抱きしめられて育った子どもたちは、人間を信頼する力を備えていることも知っています。
だから私たちは次の世代を生きる人たちのために私たち人間教育者が目ざす道しるべを見つけました。(キーワード)

  1 on 1 (一人ひとりと)

向かいあうこと、分かりあうこと、寄りそいあうこと、育ち育てあうこと、教えあうことを通して支えあって、助けあって、共に生きるを訓とすることであると強く思いました。
そして私たちはその訓の意味を考えながら、天台宗大阿闍梨酒井雄哉師の言葉を思い出し
子どもたちと一緒に自分自身に問いかけています。


〔生きる姿勢〕

  一日一生

  一日を一生のように生きよう!
  明日はまた新しい人生が始まる。
  さぁ、これからどう生きるか!

以上

令和元年6月吉日

社会福祉法人童心会

理事長中山勲